プロモーション用コンテンツで「立体的な映像としてイメージを伝えたい」「大きさや感覚などを視覚的に表現したい」といったご要望はありませんか?どうしても平面上だけでは、イメージを上手く伝えにくいものも多いのではないでしょうか。

そういった時にARを取り入れると訴求力がグーンとアップします。

今まではゲームなど特定の世界でのみARが活用されていましたが、近年ではビジネスシーンでもプロモーション用コンテンツとしてARの人気が高まっています。

企業が映像制作会社に「HPにAR動画を設置したい」といったオファーも増えています。

こちらでは、ARにはどのようなメリットがあるのか、ビジネスに取り入れることでどのような利益があるのかご紹介します。

ARのメリットとは?映像制作会社に依頼が増えるワケとは?

the benefits of AR

ここ数年でARが世の中に浸透してきました。

例えば、一大ブームを巻き起こしたポケモンGoやSnowなどもARを駆使したコンテンツです。

なぜそこまでARが増えたのでしょうか。

そこにはARが人間心理を高揚させるメリットがいくつか含まれているからです。

  • 立体的な動きで見る者を惹きつける訴求力がある
  • 現実世界と空想的な世界観が一体化し楽しめる
  • 今まで見たことがない映像を見ることで誰かに伝えたいという拡散の欲求が高まる
  • アプリのダウンロードこそあるものの手間がかからない

ARは「アグメンティッド・リアリティー」の略で、拡張現実という意味があります。

実際、手元にその物や対象がないのにあたかもあるように存在する映像は、今までになかったことなので、そういった新鮮味もARが大きく普及した要因の1つです。

例えば、ポケモンGoは非常にわかりやすいですが、今までキャラクターが登場するのは架空の世界だったのに、自分が見慣れた街や駅、道路などにそういったキャラクターが出ると、ついつい興奮してしまうという方も多いです。

「存在しないはずの場所に存在する」という刺激がARの魅力です。

また、ARは非常に手軽な点も人気の理由です。

例えば、チラシや冊子などの空間を映し出すことで、そこから映像が浮かび上がってきます。また、写真に専用ARアプリをかざすことで、動画が浮かびあがってくるといったコンテンツも可能です。

映像制作会社もこういった紙媒体を対象としたARのコンテンツ作成に力を入れています。

またプロモーションも容易にできるので、依頼した企業、映像制作会社の双方にメリットがあります。

映像制作会社にとっても広告業に力を入れるなど、さらに業務の幅を広げられるチャンスと捉えています。

ARを利用した動画は、通常の動画とは違った「臨場感」が楽しめることから、様々な場面で活用されています。会社や商品の広告にも有効ですので、プロモーション用のコンテンツにARを活用してはいかがでしょうか。

STUDIO ASでは、ご要望に応じたAR動画の制作依頼を承っています。AR動画に対応した映像制作会社をお探しの方は、STUDIO ASまでお問い合わせください。

ARはビジネスで活用可能!プロモーション用のコンテンツとして利便性がある

Convenient as promotional content

ARを採用したコンテンツを制作したいと考える企業が映像制作会社に依頼するケースが増えています。

商品やサービスによってはARで訴求した方が消費者の心をつかむと考えられるためです。

具体的にビジネスシーンでは、ARがどのように活用されているのか、いくつか例を挙げてみましょう。

  • 家具やインテリアの設置シミュレーション
  • 建築物などの立体的なシミュレーション
  • アミューズメント施設での立体的なシミュレーション

ARの代表的な存在が家具やインテリアを取り扱っているイケヤの「IKEA Place」です。

部屋の中に実寸大の家具を配置できるとして登場しました。

家具やインテリアは今まで実際に買ってみないとサイズ感が把握しにくいという側面がありました。

もちろんサイズ表記はありますが、実際に配置してみると「思ったより圧迫感があった」というケースも少なくありませんでした。

IKEA Placeが登場したことで、そういった悩みを大きく解消することに成功したのです。

近年では、アミューズメント業界でもARの採用が増えています。

例えば、「恐竜博物館に行くと恐竜が動いているAR動画が再生される」、「水族館に行くとお魚たちが動いている」などです。

映像制作会社でもこういった案件を取り扱うことも多くなっています。

ARは場所や物などあらゆるものが対象になります。

空間の中で映像を再現することもできますし、紙やテーブルなど身近なものを対象にして立体的な映像を作り出すこともできます。

例えば、スーパーのチラシで「食材を映すと、実際の食材が立体的に映し出される」といったARも登場しています。

ARが身近になったことで、大手企業だけでなく、中小企業なども導入を検討しているケースが多いです。

そのため映像制作会社もARは必須のビジネスと捉えるケースが増えています。

一時的な流行コンテンツではなく、スタンダードなプロモーション用コンテンツとしてARは今後も浸透していくでしょう。

プロモーション用コンテンツとしてAR動画の制作をお考えなら、STUDIO ASまでご相談ください。「最新技術を気軽に使える」をコンセプトに高品質なAR動画をご提供します。

AR動画を映像制作会社に依頼するならSTUDIO ASへ

ARのメリット、およびビジネスシーンでの活用方法をご紹介しました。

目新しいという意識がまだまだありますので、AR動画を採用することで利用者の好奇心や興味を引くことは十分可能です。

AR動画導入は早いに越したことはないでしょう。

AR動画制作実績がある映像制作会社に依頼してビジネスシーンに活用してみてはいかがでしょうか。

STUDIO ASでは、予算に合わせたAR動画の制作が可能です。

AR動画の制作が可能な映像制作会社をお探しの方は、STUDIO ASまでお問い合わせください。

AR動画を映像制作会社に依頼したい方は、STUDIO ASへ

会社名 株式会社スタジオエイエス
住所 〒158-0094 東京都世田谷区玉川3丁目20−2 マノア玉川第3ビル 501号室
TEL 050-5884-8697
URL https://studioas-tokyo.com
事業内容
  • DVDオーサリング
  • DVD-Rコピーガード
  • DVDコピー
  • Blu-rayオーサリング
  • Blu-rayプレス(BD-R入稿可能)
  • ビデオ撮影および編集(4Kから360度VRまで対応)
  • AR配信サービス
  • 音楽制作(BGM、インスト、効果音、主題歌、テーマ曲まで幅広く対応)
  • 録音(ロケ現場での録音やスタジオ録音に対応)
  • イラスト制作
  • Web番組制作(撮影から編集、テロップまで一括で制作可能)
  • Web制作(IDパスワード認証)
  • 映像配信(音楽ライブ、セミナー等)